夏の旅行の話。

昨年の夏は沖縄、壱岐、小豆島に行き、今年に入ってからは函館と竹富島にいった。
お金の使いすぎ説はあるが、思い立ったときを逃すと物事はできないので、欲望通り奄美大島に行くことにした。

行ってみたところ、昨年の沖縄本島よりもずっと充実した休日が過ごせたので、沖縄本島よりも奄美大島の方が良かったよとお伝えしたく、いつもどおりのんびりと旅行記を書いていく。

海外に行けない時期が続いているが、日本が再発見できて嬉しい。



大阪から奄美大島の行き方

大阪から奄美大島に行くには、飛行機一択。
大阪から鹿児島か沖縄まで行ってマルエーフェリーないしマリックスラインの船便に乗るという変態的プランもあるが、船は二日に一度だし、丸一日使ってしまうのであまり気が進まない。

飛行機には、関空から出るPeach便と、伊丹から出るJAL便がある。その二択。
通常はPeachが一番安いのだけれど、奄美に行くとなるとどうしても荷物が大きくなる。
結局、Peachの荷物ありのプランに1500円程度足した額とJALとを比較して、安い方を使うべきだろう。

また、Peachはチェックインの通過がシビアなので、少しの値段の差なら、旅を充実させるために、JALを優先すべきなのだろうと思う。

今回は、JALの株主優待券を金券ショップで2000円で購入した上で、株主割引を使って奄美大島に行った。お盆だったので、片道2万2000円。激高である。

奄美大島までは、機内サービスのコーヒーを飲んでいたら着いてしまった。
20210812_104206

奄美大島についたら、みしょらんガイドというパンフレットが非常に充実しているので、もらうとよい。
 

奄美大島観光にはレンタカー必須!

奄美空港前のニコニコレンタカーで予約していたレンタカーを引き取った。
空港まで迎えに来てくれるそうだが、電話をしても繋がらなかったので諦めて歩いていった。
奄美大島は、レンタカーが必須だと思う。レンタカーなしでは、限られたところしか回れない。
奄美レンタカーが一番安いようだが、予約しようとすると既に埋まっていたので、次点で安いニコニコレンタカーを4泊の滞在中ずっと借りることにした。 


最初にあやまる岬へ行け

奄美大島についたら、一番始めにするべきは、
「現地に着いた感を得る」ではないだろうか。
レンタカーで約10分で着くあやまる岬にいくのがおすすめだ。

天気が良いと、こんな感じにきれいな青に見える。
20210812_114003

奄美十景の他の九景が何かわからないが、きっとよいところなのだろう。
20210812_113835

天気が良くないと、そうでもないのでカットでok。



あやまる岬の食事

あやまる岬には軽食が食べれるお店があって、そこで食べれる塩豚バーガーはガイドブックにも載っている。

後日、こういった特別な喜界島のコーラを飲んだが、ここでお昼を食べるのではなく、鶏飯を食べに行くのが僕のとった行動だし、おすすめ。
20210816_160956


ここはここで、良いトートバックなどを売っているので、是非よっていただきたいお店だ。

お店の名前は、「みしょらんcafe」。

トートバッグと風呂敷を買ってしまった。  


まとめ

こんな感じで、奄美大島への旅を始めた。

別に紹介するが、あやまる岬より北に行っても仕方がないので、あやまる岬までいけば引き返すのがよいでしょう。

次回は鶏飯の記事を書く予定。


今回は四泊五日を細切れに書いていくので、結構な記事数になると思われる。