マテリヤの滝に行ってきました。

マテリヤの滝への行き方について、宇検村役場の脇から上がる方法もあるようなのですが、道が通行止めだったのと、最後ものすごく急な坂道を上る羽目になるので、以下の地図の14.3kmの方の道を選ぶと良いと思います。
ただ、結果的に以下の円のように運転してきました。  

宇検村からマテリヤの滝へは森の中の道を通る。

20210813_140259

この森はアマミノクロウサギがいるようで、これはノネコを捕らえる罠らしい。マングースの罠ではないそうだ。
20210813_135752

途中、警備員(誘導員)がいたのは何なのだろうか。
間違えて世界遺産のエリアに入る人がいるのだろうか。
それとも、工事でもしているのだろうか。

マテリヤの滝に接近すると、すれ違いができないくらいの道幅になるので、注意。ただ、あまり対向車はいなかった。

マテリヤの滝到着。近くに駐車場あります。
駐車場の向かいに入り口がこんな感じにあります。
20210813_141544


マテリヤの滝へは階段を降りていく。
20210813_141550


階段を降りるとすぐに遊歩道の先にきれいな滝が見える。

山なのでハブに注意しながら歩いてくださいな。
20210813_141713


マテリヤの滝。この日は雨なので、あまりきれいには写っていないのが残念。
ここ、泳いでいる人がいたので、泳げるとは思う。
更衣室などは全くないので、勝手に泳いでいるだけ。
20210813_141835

多分、足はつかないと思う。よく泳げるなぁと思いつつ。
雨が降ってきているので即退散。
ここまで、宇検村からおおむね50分程度。


帰りは、北側の大和まほろば館付近に抜けました。
20210813_143819


久々の海。天気が残念すぎます。
20210813_144015


大和まほろば館。おいしいかりんとうが売っていたのはここだったかな?
20210813_144910


奄美野生生物保護センターにはたくさん剥製がある。これのお陰で、この後アマミノクロウサギと遭遇したときに、アマミノクロウサギだと確信できた。
もうすぐ、生きたアマミノクロウサギがみれる施設がオープンするのだとか。
20210813_150749


ふれあいパーク戸円から見る景色たち。
20210813_153350

奄美大島の北岸はなかなかきれいなところが多い。
20210813_153951


徳浜の断崖。トンネルの手前くらいに展望台があるけど、ここは崖よりも海の方がきれいだと思った。
20210813_154927


海。
20210813_154739



さて、ここで午後3時40分。
マテリヤの滝を出てから1時間15分。

このまま瀬戸内のホノホシ海岸に向かうのですが、それは次回。