前夜はスワンナプーム空港のノボテルに宿泊。
朝5時頃に起床し、朝食を食べる。
インドネシア→マレーシアと共に旅行してきた友人らはカンボジアへ向かう。
二つのグループの卒業旅行を掛け持ちするので、僕だけがタイに残って、夜に日本からやってくる後輩たちを待たないといけない。

つまり、この日一日一人で過ごさないといけないのだ。
今回の旅行の半分はタイなので、伊丹空港で買ったガイドブックを開く。
翌日から寺院などに行くので、この日は食べる日にしようと決意。
空港のベンチで作戦をたてた後、
9時頃にスワンナプーム空港からバンコク市内に伸びるエアポートレイルリンクの乗り場に向かう。
2012_03_23_08_35_51
タイ文字は読めないし、発音もわからない。
でも、アルファベットが併記されている。これなら対処できる。

一人旅は怖いが、タイは微笑みの国という。安全だと信じる。
エアポートレイルリンクは最近できたもので、たった90バーツで都心部マッカサンまで行ける。
安い、早い(160kmでるそうです)。
2012_03_23_09_04_00
がらがらだった。

車窓。ずっとまっすぐでスピードが出しやすい。
2012_03_23_09_11_42


あっという間にマッカサンについた後、マッカサンからコンパスと地図を持って地下鉄の駅へ。そんなことをしなくても案内板に沿っていけば地下鉄のベチャブリーまで簡単に行ける。

これはエアポートレイルリンクと並走する国鉄のマッカサン駅。
今回の旅では関係ないし、普通の旅では関係ない。
2012_03_23_09_29_03

地下鉄ベチャブリー駅
2012_03_23_09_31_05

切符はなかなか変わっていた。オレオみたいなものをタッチして入場、帰りはコインみたいに改札機にいれて出る。
2012_03_23_09_35_00

しかし、タイの地下鉄は金属探知機があるのだが、ひっきりなしになり続けているが誰もとまろうとしないしとめようとしない。
ザルどころの話ではない。

ひと駅乗ってからBTSに乗り換え。
2012_03_23_09_50_03

これは市内の移動にめちゃくちゃ便利。
10時頃にスクンピットsoi24の宿につき、重い荷物を置く。
結構頑張って英語でフロントに話しかけたのに日本人だった。

どこに行くなんてことは実はあまり決めてなかったからBTSの一日券を買って適当にうろついた。
るるぶの地図がすごい役に立った。(速攻落として探したけど)

BTSでプロームポン→チットロムへ。
目指すはプラトゥーナムマーケットとかいうところ。

…いろいろわけがわからんですぐ出てきた。
途中で買ったマンゴーがまずくて仕方なかった。
2012_03_23_10_44_49

マンゴーはこんな乾燥してるもんなのか、と。

その後セントラル・ワールドへ。
バンコクが都会すぎて目が回った。
37℃って書いてたのは気のせいだよね
とりあえず疲れたからセントラルワールドの上でスイーツを。
ほんとはアイス・モンスターというガイドにのってるスイーツのお店にいきたかったんだけど頼み方がわからなくて断念した。

ミント味のかき氷がうまい。
2012_03_23_11_28_36

お昼は隣のサイアム駅近くにあるサイアム・パラゴンというところのフードコートで食べた。このサイアム駅、大都会だ。
わくわく…
2012_03_23_12_53_11

緑のつぶつぶに苦しめられた。
タイの香辛料は苦手だ。

何を思ったかサイアムのスーパーで、晩酌用ビールやマンゴー切ったやつ、ドラゴンフルーツやお菓子を買いあさる。

気を取り直して現国王のいるチットラダー宮殿へ。
本当はその向うの博物館にも行きたかった。
とりあえずビクトリーモニュメント駅で下車。
なんやこれは。
2012_03_23_13_30_45

道路の上の歩道チックな所に車が走ってる…(画像じゃよく見えないか。)
2012_03_23_13_52_06

迷いに迷って病院とかをつっきってなんとかチットラダー宮殿前へ。
皇居っぽい。
2012_03_23_14_12_33

観光客いない…
銃持った人がいる怖い。

この日5時間くらい歩きっぱなしだったので、この辺りで引き返す。

タイ語わかんないからタクシーも乗れないんだよね。
数字もわからないしバスはカオスだし、
スーパーの荷物もとても重い。

その後東へ徒歩1時間…。
目標としていたパヤタイ駅を間違って通過し、エアポートレイルリンクのラチャプラロップ駅到着。
2012_03_23_15_20_37

電車でパヤタイへ引き返し、BTSで再びサイアムへ。

マンゴー・タンゴというお店へ。
マンゴースイーツを広めたのがこの店だとかなんとか。
席があまりあいてなかったし、よくばらずにこんなん飲んだ。
2012_03_23_15_38_06

多分60バーツしなかったかと。

さすがにあれだけ歩いたらめちゃうまかった(この時既に3時半)
しばらくサイアムをうろつき、マンゴーフローズンのうまさに感動しつつプロームポンに戻り宿でチェックイン。

一度お湯をためて風呂に入る。
冷蔵庫でマンゴーやビールを冷やす。

晩御飯は駅前のエンポリウムのフードコート。19時くらいかな。
なんやよくわからん麺を食べた。
2012_03_23_19_00_12
落ち着いた味でよかった。
お腹は全然みたされず。しかしこれ以上頼む術もない。

後輩たちが来るのが23時前とかだから
トーンローの屋台に…と思ってたはずなんだけどスイーツに引きつけられてまたサイアムのレッド・マンゴーへ。
頼み方がわからず、ほしいものと違うものを頼む。
2012_03_23_19_50_16

フローズンヨーグルト専門店なんだけど、適当に頼んで出てきたのがこれ。
フローズンヨーグルトではない。
またマンゴータンゴに行ってもよかったのだが、そろそろお金の残高が気になる時期だったからやめた。
帰ろう…

言葉の壁に阻まれ、結構へたれつつ20時半ごろに宿へ戻った。

今は便利なもので、どこにいてもWifiが使えるからツイッターを見てると、
「タイに来るはずの先輩がパスポートを忘れて飛行機に乗れなかった」
という面白い事件が発生していた。

マレーシアで友人と合流した時に買ってきてもらった本で少し春から行く大学院の勉強。
晩御飯が足りなかったから、冷蔵庫にあるお菓子やマンゴーやビールで晩酌をすることに。
部屋が広すぎるし、マンゴーはうまいし、ビールは安いしで幸せだった。
幸せになっているうちに寝てしまった。

寝ていたら激しいドアのノックで目が覚めた。

あとから来る後輩だった。
普通に後輩らはドア開けて入ってくるかな、と思ったんだけど、どうやらカギは全部僕が持ってるようで。
目が覚めなかったらどうなったことやら。

結構長い間起きんかったらしいけど、そんなことは知らない。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。