どうせ見ている人もいないだろうとマイペースに考えていたら結構人が来ていた。
自分用に書いてあるけれど、人が見ても役立つものにしていこうと思う。

近況としては、この5年くらい一応勉強していた某試験に受かった。
先は多分いろいろと困難だろうけど適当に頑張る。

8月の中旬のあの台風の日に黒部に行ったのだけれど、それは省略。
安曇野のそば屋(上條)はかなり待たされたけれどおいしかったし、黒部ダムも白川郷も台風で車が横揺れする中行く価値はあった。ちなみに宿泊は松本市の西部の乗鞍高原。

黒部旅行回顧録終わり。


9月1日から9月8日の間、
部活の夏合宿が富士宮にあるということで、ついでに18切符で旅してきた。
無職には時間がある。

目的地はないが、未到達都道府県である秋田県、青森県、岩手県を一挙に攻める目論見。

9月の終わりに釧路に行くからお金は抑え気味で、マックスバリュでお茶とかカップ麺とかカンパンとか買って持っていった。

大阪7:45→敦賀9:50着
敦賀9:53→金沢12:24

この辺りはなんだかんだよく乗る区間のため、特に面白みもなく。
金沢で寿司を食べようと思ったけれどこれから北国に行くからやめた。
いつもいっているところはまいもん寿司だと思っていたが、もりもり寿司だった。あそこはおいしい。
金沢駅は、新幹線が来ることで結構盛り上がっていた。

金沢12:55→富山14:09

結構乗っている人が多かった。
富山駅も北陸新幹線の開通が近いから駅がそのポスターだらけだった。
大阪から富山に行くのが一時的であれ不便になるから、また東京に人が集中してしまう原因になるんじゃないかと少し思っている。
新幹線は高いから乗れない。

富山駅の駅前は地方都市感がすごかったけれど、お土産屋が多くあり、結構楽しかった。
有人改札っていいよね。
DSCF6538

富山駅で買ったカップ酒とますのおむすびが昼食だ。
DSCF6541


富山15:06→直江津16:56

直江津の車庫にある扇形車庫や転車台とかを眺めた。それだけ。


直江津17:32→新潟19:29
快速くびき野に乗車。すごく快適だ。
DSCF6560

座りやすいタイプの列車。
リクライニングをたおして2時間程すごく快適に本を読んでいた。
読んでいたのは太宰治の「津軽」。
今回の旅行の目的地の一つである。

新潟についたら、駅前のソフマップで充電用コード、薬局で髭剃りを調達し、ジュンク堂で本を見て、雨の中新潟港まで歩いた。
確か雷もなっていた。
本当はバスもあるのだけれど、節約節約。


新潟港23:10→秋田港5:50

新日本海フェリーに乗った。北海道に行く、という大学生と話をして、退屈さは全くなかった。

船旅は常に楽しい。
ツーリストJ、いわゆる雑魚寝に乗ったが、秋田行の部屋はがらがらでコンセント争いも特になく。
コンセントは1個しかないから、争いにならないためにたこ足のコードとか持っていくべきかもね。
事前の調べで給湯室でお湯が使えることはわかっていたから持ってきてたラーメンを食べてデッキに行って、出会った学生と本当に適当に喋って風呂入って寝た。