前日寝続けていたが、人間はいくらでも寝れる。何度も何度も目が覚めたけれど。

夢ではなく、アルマトイ1駅に本当について起こされる。
降りるべきはアルマトイ2駅なので徐々に準備を始める
DSCF5851


結局、カザフスタン時間6時半ころに下車。
20190501_084146

時差を考えると33時間の旅だったことになる。
多分。

朝食を食べようにもテンゲがないので、とりあえずホテルに向かうこととする。
時間があったから歩いていったけれど、徒歩1時間とまぁまぁの距離。
ウルムチと違い、緑が多くて空気がいい。
DSCF5855

パンフィロフ戦士公園も通った。
20190503_194728
DSCF5857


多分ゼンコフ正教会
DSCF5856


ホテルに荷物を預ける。今回のホテルは、ホテルカザフスタン。
カザフスタンの紙幣にも載っているそうだ(この時点で所持金0テンゲ)。
DSCF5863


カザフ最初のごはんは食堂にて。
20190501_103827



両替して食事後、ホテル裏のコクトベという丘へ。
ロープウェイで登ったが、景色がいい。山に囲まれているのがよくよくわかる。
DSCF5875

クジャクが出迎えてくれる。
DSCF5883


20190501_130522

居心地がよく、カフェでボーッとしていた。

すごく深い地下鉄に乗ってグリーンバザールに行き、カザフスタンTシャツを購入。
店員が陽気なカザフ人だった。
何をいってるかわからないが、アプリを使って話した。
ここ、お土産を探すのにはあまり適してないかもしれない。

その後、スタバでお昼。

周りはまぁまぁ賑やか。この日は休みの日だったそうだ。
20190501_154638


我々は二日間、シャワーに入っていない。
気のせいかもしれないが、身体が重く、シャワー入りてぇとしか言葉をはっさなかったきがする。
そこで、ホテルに帰ってシャワーで生き返る。身体が軽くなった気がする。


ところで、今回の旅行は、カザフ住みの後輩に会いに行くことが目的だが、
後輩たちもその人(彼らにとって同期)に会いに行くのを聞いた我々二人が、
「我々がいくことを伏せてウルムチから先にカザフに入国して、現地の空港で送迎の人が持っているようなボードを掲げて待っていたら面白いのではないか」
と考えて、カザフ住みの後輩以外には秘密裏に行動していた。

極端な話、カザフスタンはどうでもよくて、
・ウルムチから列車でアルマトイに入ること
・後輩を驚かせること
が、旅の目的だった。

そういうわけで、彼らは午後8時の飛行機でアルマトイに来るということなので、早めに空港にいくことにした。

まずは地下鉄。
旧ソ連だから、めちゃくちゃ深い。
DSCF5894


バスターミナルからバスが出ているとのことだが、そのバスターミナルが見当たらない。
バスターミナルがあるべきところ付近にバスがとまっていたので、インフォメーションでもらった地図を便りに86番のバスに乗り込む。
キリル文字が読めないのでどこにいくかは不明。

結果的に、特に支障なく空港にたどり着いた。
その後は後輩と合流してホテルへ。
一人は現地に住んでいるので、翌日からは彼女のロシア語を便りに行動することになる。

そんなわけで旅は一段落。
ダブルの部屋とツインの部屋を一人で占拠する日々が始まる。