バリ島実質最終日。

ホテルから見る朝日が、きれいでした。
20190806_064311


朝食がめちゃくちゃ沢山あった。
多すぎて辛い。
20190806_071254


予定を詰め込むのもあれなので、この日は午後にウルワツ寺院に行く予定以外はフリーにしていた。

クタはだいたいこんな感じ。
昨日見たJFC(ジャヤフライドチキン)に行こうと思ったが少し遠かったのでやめた。
20190805_114728

買い物も一通りしているので、ぶらぶらとメイン通りを一周。

ビーチウォークの前で、当選詐欺にあいかけた。
ジンバランのホテルに行けば200万ルピアもらえるよ!というもの。
遠かったのでやめた。

ついていったら、会員権か何かを買わされていたらしい。


この事件があってから、クタが怖くなり、ずっとこそこそと動いていた。

ウブドではあまりなかったのだけれど、怪しい日本語がたくさん飛んできてこわかった。

ウブドに、帰りたい。



クタビーチへ。
20190805_132237

こういった魅力的なスポットがあったので、

ソファクッションで寝転がりながらビールを飲んでダラダラしていた。

写真にうつっているようなアイス売りや、タトゥー売りもいたが、あまりしつこくなかった。

インド洋だからか、波がとても高く、みんなサーフィンを楽しんでいた。

500円くらいでサーフボードを借りれるらしいが、泳げないのでやめた。
貴重品の管理もちゃんとできるかわからないし。

日本に帰ってきてから、サーフィンの夢を見るくらいには、やってみたかった。


ホテルに一旦帰って、久々にプールで泳ぐ。
肩が死んでいる。病院行った方がいいのかな。
20190805_143124


午後3時にアフタヌーンティーがタダで飲めるので、コーヒータイム。
20190805_150906



午後3時半にホテルに迎えが来て、予約していたウルワツ寺院のツアーへ。

なんか、特に頼んでもいないしツアーに書いてもいないのに、ウルワツ寺院近くのルアックコーヒーの飲めるところに連れていかれた。

ルアックコーヒーは、ジャコウネコのフンからとったコーヒー豆で作ったコーヒー。

誰やこんなん最初に飲もうと思ったやつ。

無料のフレーバーコーヒーをたくさん出され、ルアックコーヒーを飲むなら50000ルピア払えという。

ルアックコーヒーは飲んだけど、酸味がなく、死んだコーヒーみたいな味がした。決して美味しいとは言えない。

沢山飲んだので、後でケチャの間トイレに行きたくて辛かった。

ウルワツ寺院付近の断崖。
20190805_171558_013
めちゃくちゃきれいだった。
海は相変わらず、波が高い。

時間つぶしの多いツアーだったが、なんとかケチャが始まる。
20190805_180639


白い猿が炎の中から脱出するシーン。
20190805_184659

ストーリーよくわからなかったが、エンターテイメント要素が強く、非常によかった。
すごくトイレにいきたかった。


帰りにはスペアリブのお店に連れて行ってもらったが、これがなかなかうまかった。
20190805_201902


さて、最終日。

朝午前10時半頃の飛行機でバリを発つ。
ホテルからタクシーで5分〜10分だった。近い。
バリの空港の出国後のエリアには、空港価格ではあるけれどもフードコートやお土産屋があるので、早くついてもそれなりに楽しめる。

ところで、「ングラライ空港では、搭乗時間の2時間前に行かなければならないと定められています」、といったネット情報を見た。
少なくとも義務ではないことはすぐにわかったので、無視して行動した。

私見だが、空港が広いわけでもないし、搭乗時刻が特別早いわけでもないので、特別に混む日でなければ1時間半も前に行けば十分なのではないかと思う。1時間前に空港到着でも間に合うと思う。
20190806_093121

先に書いた通り、中には時間をつぶせる場所はあるので、早めについた方がいいに越したことはないが、早くついても結構暇だよ。
20190806_083043



バリから発つ。
20190806_182154


帰りは、チャンギ空港トランジットのシルクエアーだったのだが、
バリ→シンガポール間で出てきた機内食のチキンライスがこの旅一番おいしかった。
20190806_111433


シンガポールのトランジットは、行きと違ってわずか55分。
ついた途端ファイナルコール。
ターミナル間移動もあり、全力で走り続けて何とか完了。
若くない人はやめた方がいい。

晩御飯も機内食。またチキンライス。
クレヨンしんちゃんとドラえもんを見たと思う。
20190806_151709