台北旅行の二日目は、温泉に行ってその後寿司でも食べようという発想の下、台湾の温泉地である北投で観光することにした。
台湾の温泉はどんなものなのか、感じたことをレポート。

目次
北投温泉への行き方と所要時間
鉄道好きにおすすめ。旧駅舎
日帰り温泉。タオルは必要か。
地熱谷
多分食べた方がいいローカル魯肉飯

北投温泉への行き方と所要時間

北投への行き方は、調べるまでもない。
中山や台北から出ている赤のMRTで淡水方面に乗り、30分程度でまず北投駅につく。
北投から、新北投に行く一区間だけの列車に乗る(3分程度)。
そこから歩いて15分くらい。

北投駅では、新北投行きのホームに北投温泉のキャラクター(?)がいた。
えらく楽しそうだ。
20191215_122241
どせいさんか、手塚治虫か。
20191215_122140

新北投行きのMRTはこんな感じ。
なんの変哲もない都会的なやつ。
ユニバに行く桜島線をイメージして欲しい。
20191215_123035

新北投の駅もこれだけ都会的。
タイのBTSとか、大阪モノレールとかそんな感じ。
また真ん中にどせいさんのオブジェがある。
20191215_123053


11時に台北の中山を出て、風呂に20分入り、2時には台北に戻ってこれたので、所要時間は3時間ほど。
淡水や台北観光と組み合わせても全然いいと思う。


鉄道好きにおすすめ。北投駅旧駅舎

駅を出て右側、道路を渡って右側を見ると、北投駅の旧駅舎がある。
ここまで元々台鉄が走っていたらしく、違う場所に移築されていたが、最近、もとにあった場所に戻ってきたらしい。
右の奥に気になるのがとまってますね。
20191215_123744

駅のホームと線路のあとがある。
ひきなおしたものだろうか。
それとも線路はもともとあったものだろうか。
そのあたりはわからない。
20191215_123850


ホームに列車がおいてあり、中にはこれまでの北投線の歩みなどが展示されていた。結構きれいな状態。
20191215_123912


駅舎の中はこんな感じで、鉄道のグッズがおかれていたり、お土産販売がされていたり。
置物ばかり増えても仕方ないので買わなかったが、なかなかよいものもあった。

20191215_123807



日帰り温泉について

新北投の駅を出てまっすぐ進むと、公園がひろがっていて、何か皆自由にしていた。この緑地沿いを10分15分くらいてくてくと進む。
20191215_124831

加賀屋などの日本式温泉がたくさん見えてくる中で、
行ったのは日本式の瀧之湯という日帰り温泉(銭湯)。
日本円で500円程度と比較的良心的な方。
タオル、シャンプー、ボディーソープは番台で120ドルくらいで売っていた。
20191215_132105

脱衣所と浴室とに扉がなく、トイレが脱衣所側ではなく風呂と同じエリアにあった。シャワーは三つ。
あまり広くはないがごった返してはおらず。
寝ている人多数。
風呂自体は44度以上の熱い浴槽と、それよりも熱くない浴槽とがあった。
のんびりしてみるのもいいかも。
露天風呂はこの近くに別にあります。



地熱谷

要は温泉の源泉は池になっているのでそれを見に行く。
温泉から上がり、先に進む。
防空壕迷宮というのがあったので入った。
迷路的に遊歩道があるだけだった。どこかに防空壕があったのだろうか
20191215_133243

先に先に進む。このコンビニの先を左折。
20191215_133613

地熱谷。
温泉が湧いていた。
昔は各自自由に温泉卵を作っていたが、やけどをする人が続出していたとのこと。北投石はここと玉川温泉のみだそうだ。
20191215_134802


温泉卵が売っていた。
食べたけど卵だった。なんともなかった。
20191215_134958



多分食べた方がいいローカル魯肉飯

帰り道は、北投市場に行くことにした。
加賀屋を過ぎて左折し、道なりに進んでいく。
このくそ暑いのに何か色々間違えてセーターを着てきてしまう。
12月の台北は春の格好でいい。
20191215_140239

地熱谷から15分歩いた先にあるここが北投市場。
目当てのご飯屋は2階。
20191215_140306(0)

二階はこんな自由な感じ。ローカル感が溢れる。
20191215_140443

お目当ては北投市場2階の黄家酸菜滷肉飯というお店。
このお店で魯肉飯を注文。日本語は通じないが雰囲気で。
大は35ドル(130円ほど)。
20191215_141429

こんな感じ。
朝食べたチンタイフォンの小籠包よりもずっとコスパがよかったと思う。
20191215_141031

市場の中を通り、北投駅へ。
とてもとてもローカル感。人でごった返していた。
20191215_141709


それなりに楽しかったので、参考になればな、と。