観光列車丹後くろまつ号の乗車記


京都丹後鉄道の観光列車「丹後くろまつ号」に乗ってきたのでご報告します。

丹後くろまつ号の車両

結論として、すごくよかったです
 
この「丹後くろまつ号」は事前予約制の列車です。
いくつかコースがありますが、
安価でルートも都合のよかったスイーツコースに乗りました。
福知山から天橋立のルートのものです。




丹後くろまつ号の予約の方法

公式サイトで3日前までに予約する必要がある。
(→公式サイト

ぎりぎり23時58分に予約を終えた。
公式ページはタブレットからだと操作しにくい。
Chromeのデータセーバーを使っている場合は切らないといけない。

時間に余裕を持つべきだ。

予約の時に席を予約する。
予約した切符は、駅で予約したメールの画面を見せると受け取れた。

20200320_194936
2人席と4人席が5つずつあり、進行方向右側が4人席、左側が2人席。

基本的に人数で選ぶ。
締め切り直前に予約し、2人で空いている4人席を使えば、広々と使うことができる。
隣に知らない人が来たら、それは仕方がない。

福知山から天橋立の見どころは、沿線で見所があるのは車窓左側の2人席側だ。



丹後くろまつ号の車内

10時10分発のくろまつ号の入線時間は、あおまつ号が発車する直前の10時2分ころだ。

20200320_094211
早く到着しても、くろまつ号には乗れない。


20200320_094322
発車の30分くらい前につくと、
くろまつ号があおまつ号と同じホームにとまっていた。
荷物を積んでいたのだろうか。


20200320_100203
いよいよ乗車。前乗り前降り。


木の内装で、ザ水戸岡車両って感じ。

アテンダントの方も複数いらっしゃって、とてもきれいな方に見えた。


20200320_110238
わかやま電鉄のおもちゃ電車でも見たことある気がする。


20200320_105850
車両の後部にはカウンターがあるが、乗客向けには使われていなかった。


20200320_105541
最後部には子供用のシートが一席ある。子供はテンションが上がるのではないだろうか。
こちらが前になるのは宮津から天橋立の区間だけ。


20200320_105557
車両後部から前方を撮影。左側はトイレ。
トイレは案外旧式でビックリした。


20200320_100655
そしてここが我々の席。
進行方向右側最前列の1と3。

着席すると、比較的すぐにゆっくりと列車は走り始めた。
まあまあの揺れを感じた。




丹後くろまつ号スイーツコースのメニュー


丹後くろまつ号で出てくるスイーツを紹介する。

20200320_100532
列車が発車するとすぐにスイーツが運ばれてくる。
それまではテーブルのおしながきを見てわくわくと待つ。
今回のスイーツは10種類。


20200320_101802
シフォンケーキ。オリジナルブレンドのコーヒーと一緒に食べるのがとても美味しい。


20200320_104254
本日は快晴とまでは言わないが、車窓からのながめよし。


20200320_103011
シフォンケーキを食べると、残りの9種類のスイーツが一気に運ばれてくる。
どれから食べるか悩む。


スイーツはしっかり器と接着されていて、揺れで落ちる心配はない。






20200320_103447
トンネルの中に入ると明かりがきれいに見える。


20200320_105054
各駅で列車を退避するなどして、速度の調整をする。

列車から降りて写真を撮ることもできたり、
例のきれいなアテンダントさんがにこやかに写真を撮ってくださったり。


20200320_110220
こんな小さな駅にこんな高級そうな列車がとまっているギャップもすごくよい。


20200320_104708
大江山や元伊勢外宮など、沿線の観光地について解説しながらゆっくりと進んでいく。


20200320_103159_012
丹後の海の通過待ち。これも乗ってみたい。



20200320_112925
コーヒーはおかわりができて、食後ものんびりゆっくりした時間を過ごせた。





丹後くろまつ号の車内販売

20200320_114657
ドリンクメニュー。いつでも頼める。


20200320_114703
ビールとかワインとか日本酒などがある。¥¥


20200320_114731
くろまつ号グッズやブレンドコーヒーも販売している。


20200320_105832
グッズ購入意欲をそそられる。


20200320_111004
ビールを一本買い、二人でシェアした。ちょうどよい感じ。


20200320_225430
おみやげにくろまつ号限定のしおりを購入(左下)。
右下のがおしながきで、その上のものが切符。左のクッキーがお土産としてもらえるもの。



 sakana



2022年9月にこの記事をリライトしていますが、
買ったグッズはどこに行ったか分かりません.








丹後くろまつ号の感想

スイーツもおいしいし、特別感がある。
他のコースも乗ってみたいと思う程度には良かった。

家に帰っても幸せな状態のままだったし、よい休日を過ごせた。
これで乗車券が4900円だったので、とてもお得だ。



くろまつ号で紹介された鬼まんじゅう

20200320_173257
車内アナウンスで紹介された「鬼まんじゅう」を舞鶴駅で買った。


IMG_20200321_105655
あんこたっぷりのまんじゅう。
あんこずきには◎でした。

くろまつ号を降りたら、是非天橋立に行ってください。

(→後編・天橋立へ)

▼くろまつ号を含む、おすすめの列車をまとめました!▼