ヤマロク醤油見学・醤油がけアイスがおすすめ

20200725_151538 
小豆島といえば醤油が有名ですよね。
小豆島を観光する時には、是非しょうゆの蔵見学をしてみましょう。
今回は、醤油蔵の一つ、ヤマロク醤油を紹介します。



 sakana



しょうゆがけアイス、おいしいです。











ヤマロク醤油への行き方



ヤマロク醤油の最寄りバス停は、「安田上」。

二十四の瞳映画村から行く場合は、安田で福田港行きに乗り換える必要がある。
3分での乗りつぎ時間があるが、タッチの差でバスに置いて行かれた。

置いて行かれてしまった。
20200725_145238
小豆島のバスは基本的に一時間に一本。
次のバスを待つわけにはいかないので、歩くことにしました。
バス停二つ分なのですぐに着きます。


20200725_150501
途中の川にはたくさん鴨がいました。
じーっと眺めていると、そそーっと逃げていきました。


20200725_150658
ココを右に曲がります。


20200725_150734
古そうな町の中を歩いていきます。すると・・。


20200725_153618
ヤマロク醤油は、こんな町中にありました。
歩いた時間は20分程です。



ヤマロク醤油・醤油蔵の見学

20200725_152255
近づくと当然のごとく見学に案内されます。
流されるがままに見学しましょう。


20200725_151058
樽が沢山おいてあります。
醤油蔵の見学ってしたことあります?


20200725_151133
たる表面の菌が醤油の醸造に重要だそうですよ。
すごい。。。


20200725_151336
天井はこんなの。古い温泉に似ている。
特に温度調節の工夫はないらしい。


20200725_151538
もろみを貯めている様子です。
ここに落ちると大変なことになるのでしょう。
こうした樽で作るしょうゆは減っているのだそうな。



20200725_151727
この小さい樽は、昔、ボトルや瓶がなかった頃にしょうゆをいれるのに使っていたとか。
今は椅子として利用しているらしいです。




しょうゆがけアイスクリームを食べてみて。

おまちかねのアイスクリームをいただきます。

20200725_152845
各自しょうゆをかけて食べる形式です。
  
家でもやってみようと思います。
アイスだけでなく、軽食も売っていましたよ。




帰り道

20200725_155304
帰りは、牟礼病院前から土庄港行きのバスに乗ります。


20200725_163812
土庄港に到着しました。


20200725_164142
謎のモニュメントがありました。
ボスっぽいです。


20200725_164224
高松から土庄港にまっすぐ来るのが一番早かったのだろう、とあらためて思います。
そして土庄港は他の港と比べてずっと大きいですね。



最後に

小豆島に行ったら、醤油掛けアイスおすすめです。
佃煮ソフトや醤油ソフトよりも好きな味でした。

小豆島に行かない場合でも、
バニラアイスに醤油かけるとおいしいのでやってみてください!


▼他の小豆島の記事をどうぞ▼