どこでもドア切符という乗り放題切符で、九州まで行ってきた。

始発付近の新幹線はこんな感じ。意外と少ない。
みずほ601 6時発→博多8時28分
ひかり591 6時6分発→博多9時19分
さくら541 6時25分発→博多9時04分


新幹線の新大阪始発は、6時のみずほ601号。
指定席は満席。
さくらの指定席も満席。

6時6分のひかりの指定席を確保していたが、博多駅での乗り換え時間が6分しかないので、できれば、みずほ601号かさくら541号の自由席に乗りたい。

そこで、新大阪駅が開く5時半に新大阪に向かうことにした。

このどこでもドア切符、受け取り前ならインターネットのe5489で予約の変更が可能。
最後に、5時半ちょうどにe5489で空き状況を確認したところ、さくら541号の指定席が3席だけ空いていたので確保。

新大阪で無駄に時間ができてしまった。

みずほ601号は、連休初日ということもあり、指定席のデッキまで満員だった。
IMGP6186

5時半に駅があくときにならび始めないと、みずほ601号の自由席の確保は難しいと思う。
みずほの車両は8両、指定席の数も少ないので、なかなかの争奪戦となる。
連休で旅に行くとき、みずほ601号に乗ることを前提にした旅程を組むなら、必ず指定席をとっておくべきだ。


ちなみに、僕が乗ったさくら541号の混み具合は詳しくはわからないが、指定席は満席、自由席は新大阪に列車が入線する前の時点で座れないかもしれないとアナウンスがある程度の混み具合。
指定席のデッキにも、新大阪の時点で立ち客がいたことからすれば、さくらの自由席も争奪戦だっただろう。
IMGP6195


ちなみに、乗る予定だったひかりはそれほど混んでいなかった。
IMGP6188

さくらは九州新幹線の車両なので、指定席は2列2列で快適。
IMGP6199

前日、仕事が恐ろしく忙しくて、お昼ご飯にする予定だったどら焼きだったり、差し入れのたい焼きだったりがあったので、それを朝食にした。

広島駅でひかりを追い越す。このひかり591号、とても遅い。
IMGP6200

前日の睡眠時間は一時間。
うとうとしているうちに、博多に到着。

IMGP6202