ゆふいんの森で11時9分に豊後森駅到着。
先頭では、アテンダントさんが記念撮影をしてくれた。
IMGP6270 

豊後森から代行バスに乗れば、接続よく由布院に行ける。

せっかく豊後森駅で強制的に下車させられるのだから、「旧豊後森機関庫」に行くことにした。

次のバスは12時15分。
約一時間の散歩だ。

駅を出て右側に向かって歩くと、まずこんなのが出てくる。
何かのお店のショーウインドウだが、「ラブライブ!サンシャイン!!」のキャラクター尽くしだ。
IMGP6310
IMGP6311

この旅のプランを始めて初めて知ったが、
旧豊後森機関庫は、「HAPPY PARTY TRAIN」のPVに出てくるいわゆる聖地だ。もっとも、僕としては2017年の稚内への夏の旅行でヘビロテしていたので、あの曲を聞くと道北を思い出す。

最近走ってないので少しレールがさびている?
IMGP6279

駅から右折して、まっすぐ歩いていたら右手に踏切があり、それを越えるとぼろぼろの扇形機関庫が出現する。
IMGP6287
確かに、このガラスの割れ方はPVで見たことがある。

でも、今はSLが無限列車になっているところのほうが注目されるらしい。

蒸気機関車も静態保存されていた。時々汽笛が鳴る。
IMGP6295
汽笛がどういう仕掛けでなるのか、是非、隣接する豊後森機関庫ミュージアムに寄って解明してみてほしい。

機関庫の中は立ち入り禁止。ほとんどレールも撤去済み。
IMGP6292

戦争で米軍の機銃掃射にあい、死者も出たらしい。
これもその跡だろうか。それとも、これはただの何かの錆だろうか。
IMGP6291

HPTを聞きながら一通り眺めて、ミュージアムに行って、としていると代行バスの時間が近づいてきたので駅に戻り、バスへ。
IMGP6314

そんなこんなで、
豊後森駅で一時間の時間をつぶすのは極めて簡単だ。

ゆふいんの森でたどり着いた人は、一度豊後森機関庫によってみる価値があるのではないだろうか。