前回、にちりん3号に乗って宮崎に到着したところまで書いた。


この記事は、特急きりしまでいかに無駄に時間をすごしたかという話について書く。

宮崎駅で食料を買って、きりしま11号に乗り換え。
にちりん3号からきりしま11号は45分ほど時間があるので、宮崎の駅で昼食をとったり買い物をしたりできる。
IMGP6485

宮崎駅には毎年オリックスのキャンプのために友人に半分拉致されてつれてこられるのだが、この駅はいつも工事していた気がする。
ちょうど、新しい施設がオープンしていた。
にちりんに乗りたいと思ったのは、宮崎から宮崎空港へ行くときににちりんのボックスシートに乗り、旅をしたいと思ったのが動機だったと思う。

宮崎駅の駅弁は、しいたけ弁当が有名だそうな。
弁当屋は改札出てすぐ右側。小さすぎて見つけにくかった。
スルーしてチキン南蛮弁当を購入。

適当にお土産を買って自由席に乗車。
IMGP6489

特急きりしまは、宮崎から鹿児島中央を結ぶワンマン特急。
指定席は1両で、残り3両は自由席。
指定席はまさかの満席だった。
自由席だったが、15分前から先頭に並んでいたので余裕で座れた。
鹿児島中央から立ちの人はいなかったと思うが、最初からほぼ満席状態での発車だった。

お弁当オープン。
IMGP6492  

もう一人のお弁当はしいたけ弁当
IMGP6493

大淀川を渡る。宮崎は不思議と日が射して暖かかった。
宮崎空港のテーマソングが脳内を流れ続ける。
IMGP6494

旅情というやつ。
20201122_122224

途中駅でも多く人が乗って来た。
宮崎を出た時点でほぼ満席で、隼人や都城から乗った人は座れていなかったのではないかな。

食後のデザートはなんじゃこりゃ大福。
20201122_134210
 
宮崎駅にもあるお菓子の日高のすごく大きな大福で、400円するけれど、中に入っているイチゴや栗、クリームチーズやあんこが絶妙で、ぺろりといけてしまう。但し、一個でいい。なんじゃこりゃシューも一緒に陳列されていてついつい買ってしまうけれど、それは要らない。これ一個でいい。フードファイトしたければどうぞ!
20201122_134627

汚い食べかけで申し訳ない。


長距離移動にありがちだが、にちりん3号で疲れきっていたため、気絶しながら過ごしていると、桜島が見えてきた。
IMGP6514


そういえば、この列車はワンマン運転なのだけれど、隼人のあたりから車掌がのって来て検札を始める。寝ようと考えている人は注意。

初の鹿児島市。

ここから枕崎に向かって進むのだが、乗り換え時間が一時間ほどある。
その時の話は、また次回に。