前回は、成田空港から飛行機に乗ったところまで記した。
細かい話はさておき、卒業旅行のため、先発している友人とジョグジャカルタの空港で合流するために一人で旅をしている。

今回全日空を使ったのは、乗り継ぎが嫌だったのと、時間的にベストだったのと。
中国南方航空を使うと夜の11時ぐらいにジャカルタにつくからそれはやめてほしい。後中国こわい。
土曜日をはさむとエコ割とかなんとかで7万円前半で往復できるからまぁまぁだと思う。

幸いにも隣は誰もいない一番右後ろの窓側の席。
DSCF5039

離陸したあと、1時間寝たところで機内食が出てきた。
前日は徹夜のため、眠い食べたくない…
しかし機内食は普通においしかった。
ANAに乗ったのは多分初めてなんだが、中学の時にのったJALとか、高校の時に乗ったオーストラリア航空とかよりもクオリティが高かった。内容は忘れたけど。
DSCF5042


ただ飛行機のトイレはやっぱ苦手やね。流すときの音が無理。

ずっとモニターで音楽きいたり、PSPしたりだったな。映画も見たっけ。
最初に聞いたのが確かAKBなんだが、あぁいう場面できいた曲ってものすごく頭に残る。
やたらカボスジュースのんでた。

度々起こされたりして十分には眠れなかったが、気づけばまもなくインドネシア。
入国の書類について、座席のモニターで日本語の案内を見れたのはよかった。

現地時間15時10分頃にスカルノハッタ空港第2ターミナルについた。

ここでいきなり関門がある。
17時に第1ターミナルから出るライオン航空に乗らないといけない。
5000円もしなかったが、頑張って英語のメール送ってリコンファームしたんだ。なんとしてでも乗らないといけない。(※どこに電話すればいいのかわからなかったし英会話できないのでカスタマーセンターに必要事項を全部書いて「どうしたらリコンファームできるの?」って書いて送ってみたwでも結果的に言うと別にリコンファーム要らなかったんじゃないか、って思っている。)
乗るためには16時15分にはターミナル1につく必要がある。やばい。

飛行機から降りると予想通り暑いがフィリピンほどではなかった。
事前の調べ通りビザ買って入国審査(飛行機の座席が一番後ろだからめちゃならんだ)、税関(申告制だったと思う)を抜けるとそこはインドネシア。人がわんさか。

事前の調べによればライオン航空はよく遅れるらしい。頼む、遅れてくれ。
荷物を受け取ると、俺の荷物表を見て勝手に荷物を運んで行こうとするやつがいた。
これが噂のチップを要求してくる奴か…な…?わかんね。
先に見つけて颯爽と背負う。そうして雰囲気で断って外へ。

ターミナル間バス、どこ?そもそもあるの?
今思えばそこらのタクシーカウンターにいけばよかったのかもしれない。
※最近調べたら無料シャトルバスがあるという噂。調べ方悪かったのだと思うけど当時検索にかからなかったんよね。インドネシアのガイドブックいっさい持ってなかったし。

その辺にいる奴に乗せられて気がつけばわけわからんタクシー(わごん)に乗ってた。
そして1000円だか1500円くらいだかとられた。いわゆる白タクかな。
下調べでそういうものがあるのわかってたし、普通なら断る(ついていかない)ところだが、英語無理。
そしてこっちには時間に余裕がない。だってその時点で15時半回ってたんだもん。
ちゃんと連れて行ってくれるなら…ってことであきらめる。
えぇい。くれてやる。
車内での英会話は地獄だった。
相手も英語あんまりわかんないし、俺もわかんないし。
そして一番の問題…この人運転怖い。
色々怖かったけどなんとか第一ターミナルAに到着。
入国後数分でぼったくられたものの、いいだろう。
ライオン航空を探して、相手が何言ってるかよくわかんなかったが雰囲気でチェックイン。
雰囲気で空港利用税を払い、雰囲気でゲートへ。

ターミナルは、駅の待合室みたいな感じで、人がものすごいいっぱいいた。
友人にメールを送る(送ったつもり)も反応なし。届いてないのかな…と不安になる。
搭乗時間になっても何も動きはなく、たまにわけわからんアナウンスだけが流れる。
何を言っているのだろう…?
ゲートにいる空港職員はスマホをいじって見せ合っている。
緊張感のなさが異常。
まわりの人たちもみんな落ち着いている。
窓の外を見るとLionAirとかいた飛行機がさっきから飛んでいる。
不安になって航空券を見せながらちょっと優しそうな顔した職員に話しかけに行くと30分遅延とのこと。
30分ぼーっとする。暑い。

17時半を過ぎると、これまたインドネシア語の放送が流れて、奥から段ボールを持った職員が現れて、それに客が群がる。察するところ、遅延しているから客にパンと水を配っているようだ。

近づいて、群がってる人が持ってる航空券を見ると、俺と同じ便。
よし、この人についていこう。
というわけで雰囲気でパンとかもらった。そのタイミングで腹を壊したくないから一応食べなかったけど。
あとで食べたらチョコパンとバームクーヘンみたいなのだった。
4d235706


その直後くらいに雰囲気で飛行機に乗れて、ジョグジャに1時間遅れで到着。
DSCF5045

到着口で友人となんとか合流した。
彼は昼過ぎからゲームしながら待ってたらしい。
彼の素晴らしい英語力に依存しまくって、特に何も考えることなくタクシーでホテルへ。
その日の晩飯はマクド。
そういえばこれが人生初のLCCであった。
宿泊先はジョグジャのPHOENIXホテル。