8月の始めに大阪から隠岐に行ってきた。
三年前の夏にも行ったが、同行者は海士島へ、僕は知夫里島に再訪したかったので、今回の旅を企画するに至った。

この旅行記は、大きく分けて
  • ぐったりはくもの乗車記
  • 西ノ島レンタサイクル大失敗の話
  • みつけ島荘宿泊記
  • 知夫里島旅行記(先行して公開済)
  • 海士島ご飯レビュー

の全5部くらいで予定している。

最高だったのでめげずに見て欲しい。

投稿はこの時期となったが、書き溜めである。


▼以下本編▼

大阪から隠岐へ二度目の訪問。

また、隠岐の島前に行くことにした。
大阪から隠岐に行くなら、午前6時50分のさくら一択だと思う。
ほとんど寝ていない眠い目を擦りつつ、なんとか乗車に成功した。

同じ離島の五島列島に行くには始発が必須だから隠岐はまだましではあるが、8時のやくもに乗り換えるために岡山で起きないといけないので安心して眠れない。

一日だけ休みをとって金曜日から日曜日の二泊にした。
普通の金曜日なので車内は混んでいない。
岡山の乗り換え時間は20分くらいあり暇だが、その隙に買い出しをすることも可能。

8時のやくもは7時55分頃に入線する。
この車両はもう間もなく入れ換えが決まっているので、この国鉄型特急も乗り納めだろう。
20210820_075857

ゆったりやくものキャラ、誰。嫌いじゃない。
20210820_075928


やくもには、ぐったりはくもという蔑称がある。振り子式が酔うからなんだけれど、やくもで酔ったことは一度もない。今回も酔うことはなかった。
20210820_101648


今まで乗った列車で唯一酔ったのは高松から乗った特急いしづち。
あれはやばい。

やくもで伯備線を北上。
米子手前の大山がきれいに見えた。
20210820_100932


洗面所にエチケット袋がある。この間サンダーバードに乗ったけれど、サンダーバードにはこういった袋はなかった。気分を悪くする方が一定数いらっしゃるのだろう。
20210820_101217


米子駅に到着。一度改札を出てコンビニに行ったが、米子駅は工事中で、いつもならある梨ソフト屋などはなかった。
20210820_101729


境線に乗り換え。
20210820_102100


米子駅の留置線に何故か「丹後の海」がおいてある。何故。
20210820_102145


境線は鬼太郎デザインの車両だった。帰りは猫娘だったので、何種類かあるようだ。
20210820_112024


11時半に境港駅到着。
20210820_112323



境港のお寿司がおすすめ

境港駅は、船乗り場と駅が直結している。
12時の船まであまり時間がなく、駅で探すとお寿司屋があった。回転していない回転寿司。
20210820_113950


大漁丸で寿司をテイクアウトし、船へ。
20210822_140449


船はお馴染み、レインボージェット。高速船は乗っても面白くない。
20210820_114749


レインボージェットのなか。
20210820_115143


買ったお寿司。(僕のではない。)
20210917_210736


僕のお寿司(自分でもよくわからないが、サーモンづくしを購入)
20210917_210800


この寿司、値段の割にうまかった。さすが境港。
お店のホームページを載せておきます。


寿司をつまみながら船に乗っていると、一時間ほどで隠岐の島が見えてきた。
20210820_131309


夏が、始まる。


▼3年前の訪問の記事▼