前回記事。夏の隠岐の話の続き。


時系列的には、自転車の話の続き。


隠岐の島・中ノ島の夕食の話。
西ノ島でのサイクリングが一通り終わったので、内航線いそかぜで海士島へ向かう。

何となく西ノ島が由緒正しい島の雰囲気だとすると、海士島は何となく新しい島のようなイメージがある。

それはたぶん、海士島の港にはバーベキューなどができるウッドデッキがあって、なんとなく栄えているように見えることが原因だと思う。

おそらく、西ノ島と海士島は、栄え方に大差はない。

西ノ島から海士島まではいそかぜで10分ほど。とても便利だと思う。20210820_172815

旅の予定を組むときは、島前3島の間を渡りまくるようなプランでも問題ないと思う。





海士島の玄関口、キンニャモニャセンター。

売店にはあんまり大したものはない。
海士島にコンビニがあるはずもないので、米子のコンビニで何か買っていくといい。
20210820_173017

たぶん新しいのだろう。きれいな売店だ。

大したものはないのだけれど。
20210820_173814


そんな海士島にやって来た理由は、お目当ての飲み屋があること。

三年前に食事にいったときはなかなかいい感じだった。

が、

ちょうど臨時休業だったようだ。

やむなく、別のお店へ。
20210820_175524


メニューはこんな感じ。
20210820_183826

おまかせのコースにしたと思う。
島で食べる家庭的な料理というのもなかなかよいのではないか。
刺身がおいしかったけど、量は少なかったかなぁ。
20210820_182953


内航線の時間もあるので、ゆっくり食べてはいられない。
20210820_191326



夜になるとフェリーが停泊している。

よく見ると魚が結構泳いでいた。

三年前、この場所で喧嘩をして、海に突き落とされる人を見た。
20210820_192905


到着。8時頃だったと思う。
20210820_194106


この日一日は、あまり特別間はなかった。

明日こそは充実した一日を送ろうと心に誓ったのであった。
20210820_195511