ウサギの島・大久野島を楽しんだ話

20211228_121518
18切符旅で山陽方面へ行くなら、大久野島へ。
実質ウサギカフェのウサギだらけの島、大久野島をおすすめします。
隙あらばこのブログでは動物のスポットを紹介している気がします。






大久野島のロッカー事情


20211228_101459
うさぎの島、大久野島は基本的にはうさぎ以外何もない島です。

うさぎを愛でるために荷物が多いとちょっとしんどいです。
荷物は軽い方が良いでしょう。
忠海港で荷物預かりサービスを利用する(500円)か、


20211228_123757
こちらの大久野島のコインロッカーを使うべきと思います。
サイズによってはこちらの方が安いですが、数に限りがありますし、ここで預けれなければ大変ですので、荷物は忠海港で預ける方が無難でしょう。



20211228_123755
コインロッカーを使う両替機が機能していませんでした。
500円のロッカーを使おうと思ったら500円玉が必要なのですが、
ジュースを買っても500円玉が入手できませんでした。
仕方なく、大事に持っていた旧500円を使い、乗りきりました。




ポイント:大久野島に行く前に荷物は預けておこう!


大久野島のお土産事情

20211228_130604
大久野島のお土産は忠海港に売っており、大変充実しています。お気に入りのアイテムに出会うこと間違いなし。


必携!ウサギの餌とウサギポイント

うさぎの餌入手法

20211228_111057
うさぎの餌は忠海港で200円で売っています。

おすすめのうさぎの餌

20211228_114334
キャベツを撒いていくおっさんがいます。
対抗するには、キャベツかニンジンが必要で、ペレットでは太刀打ちができません。



20211228_123245
うさぎが好きなのはキャベツ。
キャベツは家から持っていく。
写真ばえするのはニンジン。

これらを覚えておくといいでしょう。

大久野島のおすすめのうさぎスポット20211228_120012

発電所跡を越えて砲台跡へ向かう山奥が、人気がないわりにうさぎがたくさんいる、ベストうさぎスポットかもしれません。



20211228_121505
うさぎはキャンプ場にもいますが、競合相手(人間)が多いです。



20211228_120048

山奥だと、こんな感じでモテモテです。
まわりに人もおらず、最弱装備「ペレット」でもうさぎを存分に堪能できます。結構可愛い。




20211228_120051

写真の技術のなさが露呈。





20211228_114025

うさぎは二本足で立ち上がったりするのもかなり可愛いです。
goproでその姿を捉えようとしましたが、近すぎて失敗。




ウサギだけじゃない。大久野島の見るべきスポット

20211228_114833
トンネルを越えると....




20211228_115052
戦前の発電所の跡地。よく残っているなぁ。
港からすぐなのもおすすめ。






20211228_114801
桟橋は、昔使っていたようです。


20211228_122901
毒ガスタンクの格納庫跡は休暇村の隣にあります。
うさぎの存在が、おどろおどろしさを感じさせません。



20211228_121901
時間が無くて行けませんでしたが、大久野島毒ガス資料館です。
今はうさぎばかりですが、そういった時代もあったらしいです。




20211228_123126
研究所か何かの跡地。宿泊施設に使われていたとか。





20211228_111610
灯台。景色はそれなりにきれいです。



20211228_111221
神社は、あんまり見る感じのところではありませんでした。

大久野島の観光方法は、うさぎを探しながら、散歩がてらこれらのスポットによりつつ、2時間くらい歩く感じでしょうか。

なお、僕は帰りの船の切符を途中で落としてしまい、30分くらいは探して歩くはめになりました。
最後は船まで走りました。
往復切符の扱いには注意してください。ぺらっぺらですから。






20211228_111854
瀬戸内海なので海も穏やか。
敷物を持っていってのんびりしてもいいかもしれませんね。


まとめ

大久野島は実質うさぎカフェ。
瀬戸内海で穏やかな雰囲気なので、休日のリフレッシュにいいなぁと思いました。

電車や船の本数には要注意ですが、

18切符での山陽旅の候補地に是非是非採用してほしいです。


【動画つくりました】






こんな感じで、年末の鉄道旅をまとめています。
次回の記事では、大移動をします。
是非一緒に見てやってください。