こうのとりのグリーン車に乗ってきました。

20220610_130251
お仕事の中間打ち上げのため、兵庫県の篠山に行く用事がありました。
せっかくなので、こうのとりのグリーン車を使いました。


こうのとりは、自由席が廃止されたので、さらに使いにくくなりました。





旅は大阪駅から

20220610_115529
張り切って10分前に大阪駅に到着しました。
こうのとりの始発は新大阪駅なので、
新幹線からの乗り継ぎも便利です。


こうのとりグリーン車の料金

IMG_20220611_105449
普通に購入すると、
大阪から篠山口へのグリーン特急券は、2290円です。
指定席特急券が1520円なので、770円プラスでグリーン車に乗れます※。
切符に特急料金990円と書いていますが、
グリーン車に乗る場合は、通常の特急料金の530円引きになるので、
これで正しいみたいです。



※J-Westチケットレスだと指定席に650円で乗れるようですが、多くの方はJWESTカードを持っていないと思われるので、割引が適用されない前提で書いています。



20220610_120327
丹波路快速をあえて見送ります。
篠山口まで行く場合には、
こうのとりに乗る必要性はないと思います。
実際、篠山の知人は、自由席がなくなってから快速に切り替えたそうです。


20220610_120847
289系のこうのとりが入線します。
この車両は、しらさぎのイメージが強いです。


20220610_130304
今回乗り込むのは、先頭のグリーン車です。



こうのとりグリーン車の座席

20220610_211109
こうのとりのグリーン車の座席はこんな感じです。
2列+1列のシートが、5つならんでおり、合計15席です。
この時は人席が2つ使われていたものの、
殆どが空席でした。


20220610_130213
どうせ誰も利用しないだろう、ということで、
1人なのに2人席の方を購入しました。
サンダーバードと同じかと思いましたが、僕の過去記事を見る限り、少し違いますね。


20220610_130051
靴を脱いでくつろげるようになっています。
腰の具合もよく、わずか1時間弱ではあるものの、寛ぐことのできる席でした。


20220610_121125
机は、サンダーバードと同じです。
奥行きを求める方には不便かもしれません。
パソコンを置くと、こんな感じです。
無意味にドリンクホルダーを使っちゃったりしますw


こうのとりにはコンセントはあったのですが、
USBの充電口はありません。
また、Wi-Fiもなかったので、パソコン作業はあまりはかどりませんでした。



窓が大きいのが嬉しい!

20220610_121407
早速、淀川を渡ります。


20220610_125659
福知山線は、宝塚を超えたあたりから緑がきれいに思います。
写真を撮ることはできませんでしたが、
宝塚を超えたところの武田尾などは、川がきれいに見えます。


20220610_124203
特急列車は、窓が大きいのがポイントです。
スペシャルな一日を彩ってくれます。


20220610_130314
列車は城崎温泉まで向かいますが、
僕は篠山口で下車します。


篠山口に到着!

20220610_130435
篠山口の駅から。
このあたりはとても山がきれいで、
大阪から1時間で来ることができるので、
日帰り旅に結構いいと思います。


20220610_130251
改めて撮影。


駅の待合室で、あとの丹波路快速に乗ってくる先輩方を待ち、
ミシュランガイドにも載ったおいしいお店に行くのですが、
それは別の記事に記載します。



特急こうのとりグリーン車の感想

お金を出して快適なのは当たり前。はっきり言って、値段は割高です。
篠山口より遠くに行くときや、旅行の時でなければ、

そもそもこうのとりを利用する価値は少ないものと考えます。
カード保持を前提としないお得な切符や、
自由席の復活を待ちたいところですね。

城崎温泉にお得に行った話はこちらですので、見てみてください。