新大阪にドクターイエローを見に行った話

20230107_142159
新大阪にドクターイエローが来るという噂をきいたので、急いで新大阪駅に駆けつけました。見ると幸せが訪れるなどとちまたで言われているドクターイエロー。快適に見るための参考になればと思います。



ドクターイエローを見る方法

20230107_164543
新大阪駅にドクターイエローが来るという噂を聞き、それにあわせて駅に行ってきました。

どのようにして情報を入手したか。

ドクターイエローは不定期に走っています。

 ̄人冤汁曚靴討い詈のページを見る。
Twitterで目撃情報を確認する。


これが正攻法です。

僕が直接調査していないので、詳細は書きませんが、運用予想ページに書いてあることは全てあっていました。

僕が目撃したドクターイエローは、

のぞみ341号(臨時)
→のぞみ167号(臨時)

と同じダイヤで走っていました。

令和4年3月にダイヤ改正があったので、今はドクターイエローが走る時間も変わっていると思いますが、臨時列車がない日が狙い目かもしれませんね。



ドクターイエローは何番線にくる?列車番号は?

20230107_135434
新大阪駅についたものの、ドクターイエローが何番線に来るかがわかりませんでした。

ドクターイエローの表示は「回送」。
でも、他にも回送はたくさんあるんですよ。
25番線には834と836。


20230107_135456
23番線に831と835。


20230107_135637
22番線に664。・・・664?

明らかに仲間はずれの列車番号664に賭けることにしました。


20230107_140145
664号の回送は、のぞみ227号の前に来るようですが、手元の時刻表をみても、これが何かよくわかりませんでした。

人だかりもいまひとつ。


20230107_141413
23番線の回送、831は普通の列車でした。

ということは...?


「22番線に来る列車を見られる方は下がってお待ちください。」


と入念なアナウンスが始まります。


20230107_141659
来ました。ドクターイエロー。
実は初めて見たのでちょっと嬉しい。

結論

結果、東京→新大阪のドクターイエローは22番線に到着し、この時の列車番号は664でした。

この後きた新大阪→博多のドクターイエローは、21番線から出発、列車番号は985でした。

他の回送列車と比べて、仲間はずれの列車番号の列車がドクターイエローです。


ドクターイエローの停車位置、先頭の場所は?

20230107_141701
あくまで僕が見たときですが、ドクターイエローの停車位置は以下のとおりでした。


東京→新大阪の便

先頭は、16両編成の7号車の位置より少し博多側。最後部(折り返すので最初は先頭)は、16両編成の1号車の位置より少し東京側。


新大阪→博多の便

20230107_164505
先頭は、ホームの端(博多側)。最後部は、16両編成8号車より少し博多側。


20230107_165022
隣のホームから見るのもなかなか良いものです。


ドクターイエローの停車時間は?

20230107_142454
初めてドクターイエローを間近で観察したところ、機械感、保線車両感を強く感じました。


20230107_141841
7両編成です。確かに新幹線を降りたときにこれが止まっていたら嬉しいですが、間近でまじまじと見るものではないです。


この日のドクターイエローの停車時間は、

  • 14時17分から14時28分
  • 16時41分から16時50分
だったので、走ったりしなくても余裕で先頭車両と写真を撮ったりできました。

ホームを間違えても、エスカレーターの近くにいれば大丈夫ですよ。





まとめ

新大阪でドクターイエローを見るときの知識です。

  • Twitter情報が頼りになる。
  • 仲間はずれの列車番号を狙う。
  • チャンスは一日二回。
  • 停車時間は長いので急がないで。

新大阪駅では、ドクターイエロー以外にもいろいろな列車が見れます。この記事では、新大阪で見れる列車を完全にガイドしました。
関連記事