大和路線特急「らくラクやまと」デビュー。どんな特急?

20230402_100336
令和6年3月、大和路線の通勤特急「らくラクやまと」がデビューします。
執筆時点ではまだ乗っていませんが、どんな特急なのかご紹介します。





らくラクやまとの停車駅・時間

20230402_105727
令和6年3月16日から、大和路線の奈良駅から大阪駅経由で新大阪まで走る列車です。

1日1往復で、以下の2便です。
奈良(7時16分)→新大阪(8時19分)
新大阪(19時43分)→奈良(20時46分)



らくラクやまとの停車駅

奈良、郡山、大和小泉、法隆寺、王寺、久宝寺、天王寺、大阪、新大阪です。

大和路快速などの快速との比較

らくラクやまとは、新今宮などの環状線内の駅には停車しません。

特急まほろばとの比較

20230402_100347
まほろばは、大阪、新大阪、奈良の順に停車します。
おおさか東線を経由します。

やまとじライナーとの比較

昔、大和路線にはやまとじライナーという有料の快速列車が走っていました。
らくラクやまとは、‘猯姫悄⊃径膾絮愴着となった点、停車駅が圧倒的に増えた点が違います。

やまとじライナーの停車駅は、
JR難波(大阪)、新今宮、天王寺、王寺、法隆寺、奈良、平城山、木津、加茂でした。




らくラクやまとの使用車両

20230402_105720
※画像は特急まほろばです。
一部の土日に走る特急まほろばと同じく、関西で広く使われる特急用車両が使われるようです。
全車指定席の3両編成で、こちらもまほろばと同じです。

そうすると、おそらく座席はこんな感じです。

20230402_105633
20230710_222707
最近、通勤時間帯の座席にお金を取る傾向がありますが、京阪や近鉄などの他社の通勤特急の有料シートと比べると、JRは、2ランクくらい落ちるというのが率直な僕の感想です。



特急まほろばについては、令和5年4月に乗りましたので、上の記事をご覧ください。



らくラクやまとの料金・お得な切符

らくラクやまとは指定席特急なので、高額な特急料金がかかります。
e5489を使ったネット予約であれば、少し安く乗れます。

新大阪から奈良までの特急料金

通常:1730円
eチケットレス(JWESTカード):1090円
eきっぷ(JWESTカード):1200円

普通に、高すぎですよね。


大阪から奈良、新大阪から郡山までの特急料金

通常:1290円
eチケットレス(JWESTカード):650円
eきっぷ(JWESTカード):760円

快速で導入されている有料座席の「うれシート」が530円だということを考えると、ぎりぎり許容範囲でしょうか。

奈良に住んでいる方が新大阪に行く場合は高すぎますが、近鉄ユーザーも多く、始発列車も多いのであまり需要がないという見込みでしょうか。





らくラクやまとを使うメリット

20230318_122656
らくラクやまとは、大阪駅の地下ホームを発着し、新大阪駅にも直通します。
奈良方面に住んでいて、グランフロント付近で働く方や、新大阪で働く方にメリットがあります。


らくラクやまとを使ってメリットのある層は、

  • お金に余裕がある人
  • 奈良以外の大和路線沿線から新大阪に通う人
  • うめきたで働く奈良の人
  • 列車内で仕事をしたりゆっくりしたい人

と考えます。
空気輸送になるのか、それなりに利用されるのか、現時点ではわかりません。
僕は、あまり利用価値ないと思いますが・・・





らくラクやまと乗車記

気が向いて、らくラクやまとに乗った時には、ここにご報告します。


記事内でも触れた、臨時特急まほろばについてのレポートです。こちらの特急は、おおさか東線を経由して奈良に向かうレジャー用の特急。全然早くもなんともないのが残念です。
関連記事