徹底的に調査。「JALカードsuicaCLUB-Aゴールドカード」はお得か?

20231031_143620

今、JR東日本が新しく作った「JRE BANK」への口座開設がお得です。
一定金額(50万円〜、300万円〜)預けて一定の条件を達成すると、
  1. どこかにビューンの割引券
  2. JR東日本の優待割引券(40%引き)
がもらえます。
その「一定の条件」が、JREBANKで給与を受け取るか、ビューカードで決済すること。

ビューカードは、JR東日本のクレジットカードです。
今回は、この際、JALカードsuicaCLUB-Aゴールドカードを契約するメリットがあるのか、真剣に考えてみました。



JALカードsuicaCLUB-Aゴールドカードの主な特典

同カードの特典はこんな感じです。

・Suicaとして利用できる(還元1.5%)。
・年間100万円の利用でJREPOINTが5000ポイントもらえる。
・ショッピングマイルプログラム(4950円)自動付帯
・毎年のJAL初回搭乗時2000マイル、搭乗時のマイル25%プラス
・JREポイント1500ポイント=JAL1000マイルで交換可能
・新幹線のチケット購入で10%還元(えきねっと込)
・特急グリーン車利用の際、東京駅のラウンジ利用可

ざっと僕が使う可能性のある特典を並べました。
年会費は、2万0900円です。早速検証します。



僕の現状

僕が保有しているクレジットカードは、
・三菱UFJゴールドカード(VISA)
・楽天カード(JCB)
・J-WESTカード(エクスプレス会員・VISA)
・JALカード(MASTER)
の合計4枚。

こんな感じで使い分けています。
種類用途
UFJ財布内の予備。
楽天生活関係。ふるさと納税など楽天市場。
Suicaはこのカードと紐づけて月2万円少し利用しています。
コンビニなどでの決済は月3万円程度です。
J-WEST e5489やEX予約
JAL普段使いしていたが、ICチップが調子悪い。
基本的に事業的なもの。年150万円くらい。
ショッピングマイルプログラム利用

毎日大阪メトロをICカード利用で通勤し、飛行機は年1回乗るかどうか、です。
この1年の出張は、
・東京6回(うち2回北陸周りで帰阪、うち1回片道飛行機)
・九州1回
・岩手1回
で、それとは別に山陽新幹線に4回くらい乗っています。



JALカードSuicaCLUB-Aゴールドカードに変えたときの変化

おそらく、

⑴Suicaを楽天からJALカードに移行( 
楽天での還元率は0.5%なのに対し、JALSuicaの場合は1.5%。
→年間24万円程度利用しているので、楽天ポイントなら1200ポイントのところ、2400円分多くポイントがつきます。

⑵JREポイントが5000ポイントもらえる。(◆
おそらく、税金と年金関係だけで100万円はいくはずです。

⑶JALへの搭乗マイルが1000増える()
一昨年は乗り忘れています。

⑷楽天カードでの決済をSuica決済に移行( 
楽天での還元率は1%、Suicaが1.5%。年間24万円利用として、1200円分多くポイントがつきます。

東海道新幹線は、えきねっとではなく、割引の大きいEX予約を維持します。
山陽新幹線も、J-WESTカードの利用を続けます。

昨年は盛岡行きというイレギュラーな事態があったこともあり、年間のえきねっと利用は10万円程度。これが仮に半分に落ち込むとすれば、このカードを利用することでもらえるポイントは、4000くらい上がるということですね。



まとめてみる。

年会費2万0900円
−ショッピングマイルプログラム:4950円
−モバイルスイカ移行:2400円
−100万円利用によるポイント:5000円 
−カード決済を移行することによるポイント:1200円
−えきねっと利用によるポイント上昇:4000?
−JAL初回搭乗マイル増加(1000マイル):1500円
=1850円マイナス。


このような結果になりましたが、普段使いのカードを2枚から1枚に減らせる点はいいかもしれません。

他方、提携ブランドがJCBのみなので、海外で弱い点は気になりますね。


まとめ

現在の僕のJALカードをアップグレードすることはできず、新規発行&退会が必要になります。
どちらかというと切り替える方向なのですが、面倒なのでもう少しだけ考えます。

JR東日本を使わない僕でこの結果なので、東日本の方にはかなり良いカードですね!