山形弾丸旅の記録

20240612_165129
6月といえばさくらんぼのシーズン。

この前、保険屋さんと山形料理のお店で飲んでいた時に、急に山形に行きたくなり、東京に行ったついでに山形に行ったのでした。
ぎゅっと1泊2日に詰めた山形へのお出かけの記録をお楽しみください。


全部一人旅です。


プラン立ての時の記録は、以下をご覧ください。




新型E8系のつばさグリーン車で山形へ。

20240612_165129
東京での会議を途中で抜け出し、午後5時の山形新幹線「つばさ」に飛び乗ります。
E8系に乗るには、会議を途中で抜け出すしかなかったんです!!(←何しに東京来た・・・)

この車両は今年の3月にデビューしたばかりの新しい車両で、新品の長靴のような外観です。
夕食は山形で食べるので、グリーン車でゆったりと本を読んだり仕事をしながら過ごしていました。




山形は日本酒がおいしいのです。

山形って、飲みやすい日本酒が多いんです。
「十四代」「楯野川」「くどき上手」「上喜元」「出羽桜」などはいずれも山形。

新幹線でお店を考えようと思っていたのに、気が付くと山形についていたので、9年前に僕が日本酒を飲み始めるきっかけになったお店「酒菜一」で夕食をいただきました。時間は既に8時半。ラストオーダーまで残り30分でした。

20240612_204714
山形名物の、芋煮や玉こんにゃくもいただきました。
特に好きなのが、右の向こうにあるコシアブラの天ぷら。サクサクでうまいのです。

1杯目はビールにしましたが、2杯目からは本気を出します。



20240612_204227
十四代・雄町上諸白生酒(1合3850円)
せっかく山形に来たので、ぎりぎり頼めるいいお酒を。

こちらのお酒は、この店のみ生酒で入荷しているそうです。
雄町で作ったお酒が好きです。十四代ってただ甘い印象があったのですが、そうでもなくきりっとしていました。
酸味がない点は僕の好みにあいませんが、これ、おいしいです。


20240612_212101
スーパーくどき上手。(1合1650円)
十四代の後なので、ぴりぴりして甘さ控えめな感じでした。こちらはグラスでいただきます。
グラスだと8割の金額になるのですが、それでも1200円くらい・・・

日本酒は、ちゃんと味が分かるのは3杯まで。
いや、店の人と喋った結果、僕は全然分かっていないみたいですが・・・

クレジットカードがちゃんと読み込めるか不安なので、ここらで飲むのをやめました。

 sakana

それでもお会計は1万円を超えました。


チェイサーも重要ですが、途中で酔い止め(ウコン的なもの)を飲むのも重要です。
最近よく飲んでいるのは、「ペプチドレバー」。これがすごく良く効く。この間紹興酒一本1人であけましたもん。

大満足でこてんとホテルのベッドに転がって起きたら3時とかそこらでした。
空が明るくてびっくりしながら、翌日のさくらんぼ狩りを探します。


この記事も見て!

以前の酒菜一訪問記録です。
日本酒に目覚めた日のことが書かれています。

2時間くらいまどろんだあと、とりあえず朝の8時に電話し、寒河江にあるさくらんぼ園を予約しました。


とりあえず、全然光景が想像できませんが「よし」としましょう。







蔵王温泉

20240613_093052
朝のバスで久しぶりに蔵王にやってきました。
バスの時刻表は、蔵王行きが土日のみの運行かと勘違いするような書き方でした。

蔵王温泉は学生時代から6回来ていますね。最終訪問は9年前のようです。


20240613_093122
バスターミナルから、どことなく記憶のある街並みを通り、長い階段を走って登ります。
森の香りがするのがよかったですね。



20240613_094235
こちらが蔵王温泉の大露天風呂。いつまでも入っていられる硫黄の香り強めの温泉です。


蔵王温泉が栄えておらず、寒河江に行くことになったので予定を変更して、蔵王の滞在時間1時間弱で帰路へ。

帰りはあの長い階段を通らなかったので、行きのあの長い階段ダッシュは無意味だった可能性があります。




さくらんぼのシーズンなのでさくらんぼ狩り。

20240613_131653
12時前の左沢線に乗り、寒河江(さがえ)で冷たい肉蕎麦とイカ天を食べました。
イカ天ってどうして先にイカが全部出てきてしまうのでしょう。
この「吉亭」は駅から15分くらい歩いたところにあり、かなり繁盛していました。


その後、さくらんぼ狩りは駅からタクシーで向かいます。キャンペーンでタクシー代500円だったのは嬉しいです。

注意しないといけないのが、さくらんぼ園って農家さんがそれぞれでやっている感じなので、農園の名前を言っても通じないことです。ちゃんと住所を控えて行かないとだめですね。


20240613_140903
45分で2000円、佐藤錦と何か食べ放題でした。さくらんぼ狩りって初めて体験しました。
ただ、木になっているさくらんぼを取ってそのまま食べるだけです。

12分で飽きました。 
その後は、一人でさくらんぼの種飛ばし大会をやっていました。4m弱飛んで喜んでいたのですが、世間的にはそれはむしろ短いようです。


このあたり、さくらんぼ農家ばっかりで皆さん選別をしていました。
さくらんぼ狩りのネット予約なんてやっているところはわずかで、現地に行っていきなり凸すれば問題なくできそうな感じですね。


20240613_151932
最後に、チェリーランドでジェラートなどをいただきました。すごく暑い日だったのでおいしかったです。


本来はチェリーランドからタクシーに乗るつもりだったんですが、タクシーの対応に不快感を感じてしまって、色々総合的に考えて近くの駅まで歩きました。
タクシー会社は全く悪くなくて、こちらの意地みたいなもんです。




帰り道は・・・

20240613_172145
帰り道は、5時間列車に揺られるのでしっかり買い込みました。
このさくらんぼALEはそこそこです。


20240613_194409
メジャーどころの駅弁にしました。
駅弁ってどうしてこんなおいしいのでしょうか。


総括

さくらんぼシーズンの久しぶりの山形旅は季節をすごく感じました。

こんな突拍子もないお出かけをすると、出かけたい欲が満たされますね。


仕事の電話を受けたりメールを返しながら動き回っていたので、そこまでリフレッシュはできませんでした。

いや、トータルで見たら、仕事がたまっていくので逆にストレスになったかもしれません。
懲りずにまたどこか行こうと思います。