嵯峨野トロッコ列車のリッチ号って乗る価値ある?

嵯峨野トロッコ列車リッチ号


亀岡から嵐山を結ぶ嵯峨野トロッコ列車。
この中でも、窓ガラスのないリッチ号に乗ってきました。
保津川が見えるこの列車の魅力を紹介します。
最初に書きますが、片道で乗るのはおすすめです。

最後に動画もおいていますので、旅の参考にどうぞ。









嵯峨野トロッコ列車って?

嵯峨野トロッコ列車の先頭

嵯峨野トロッコ列車は、山陰本線の昔の線路を使った観光鉄道です。
山陰本線でいう「嵯峨嵐山」から「亀岡」を、
保津川に沿って20分かけて走ります。



うまく表示できていないかもしれませんが、距離感はこんな感じ。




嵯峨野号と嵯峨野リッチ号の違いは?≪座席の種類≫

嵯峨野トロッコ列車には2種類の座席があります。

嵯峨野号(1〜4号車)

嵯峨野号画像
1から4号車の嵯峨野号がこれです。
開閉できる窓ガラスがあって、窓を通してしか外が見えません。


嵯峨野リッチ号(5号車)

嵯峨野リッチ号画像
嵯峨野リッチ号です。
リッチ号には、窓ガラスはありません。




嵯峨野リッチ号の床
屋根も透明で、床も網です。
床は線路しか見えません。



嵯峨野リッチ号
風を感じながら景色を楽しめます。
季節や席によっては、屋根をとおして紅葉が見えたりするのでしょう。
雨の日は、本当にやめておくべきでしょう。


嵯峨野リッチ号車内
席が前の方だったので、屋根をとおして景色をみることはありませんでした。
リッチ号と通常の車両のどちらがよいか、一目瞭然ですね。




嵯峨野リッチ号の予約方法は?座席指定できる?

20220911_142853
リッチ号にするかどうかはともかく、トロッコの予約は必要です。
直前は満席になっている可能性があるからです。

わざわざ旅行会社を通す必要はありません。
「e5489」で予約しましょう。

ハイシーズンの土日でもない限り、
感覚的に、前日予約でも大丈夫です。
僕は何もない普通の土日で、余裕で前日予約できました。

e5489で予約した切符は、トロッコの駅では受け取れません。
嵯峨嵐山の駅はみどりの券売機が1つしかありません。混みます。
切符は地元駅か京都駅で受けとりましょう。

予約時は、窓側か通路側かのみを指定できました。



e5489の「その他の特急・新幹線予約」から予約できますよ。
JRおでかけネットへ



リッチ号は雨の日大丈夫?暑い?寒い?

正直、9月でも暑かったです。
走りだせば少しマシですが・・・

雨の日は絶対にやめておきましょう。






嵯峨野トロッコに乗ってみた。どちら側がいい?

嵯峨野トロッコに乗った乗車記を書きます。



保津川の方向

嵯峨野トロッコ左の車窓
嵯峨嵐山から出発したら左!


嵯峨野トロッコ右の車窓
途中からは右が保津川です。

リッチ号なら、逆側の景色も余裕で見えます。
普通の車両なら、逆側の川は見えないと思います

思ったより流れが早いですね。
席は左右選べませんが、大差ありません。
リッチ号は両方の車窓を楽に見ることができるので、
リッチ号に乗れれば、往復の利用は不要です。
っていうか、20分×2は飽きます。


車内は狭い

リッチ号車内
久しぶりにこんなに密な空間を味わいました。
座席も広くないので、
立ち上がれば反対の車窓もよく見えます。


トロッコ保津峡駅

秘境駅トロッコ保津峡
こんなところで誰が乗るんだ?
鐘の音がきれいに聞こえました。


トロッコ亀岡駅は時間つぶしできません。

トロッコ亀岡駅時間つぶし
なにもない駅。
トロッコ亀岡駅での時間潰しは不可能だと思います。
バーベキュー場は無料解放されているとのこと。

早く帰りの電車に乗るか、保津川下りに行ってしまいましょう。

トロッコ亀岡駅では、機関車のヘッドマークの撮影ができません。
機関車の写真を撮るなら、乗車駅で撮影してください。



 

まとめ

リッチ号は、楽しく過ごせる20分間でした。
20分でお腹はいっぱいなので、往復の利用は不要です。

帰りは是非、保津川下りをやってみてください。
高いけれど、価値ありますよ(またいつか書きます。)。


【動画をこしらえました。】