飛騨高山観光・酒蔵めぐりをする前に知りたいこと

20220430_153806
高山観光といえば、古い町並みでの酒蔵巡りですよね。
高山の町には、酒蔵が7つもあります

どの蔵に行くか、なかなか悩ましいですが、
高山での酒蔵巡りのヒントを提供します。
酒蔵巡りで飲み比べをして、いいお土産を探しましょう!


便利なマップがあったので置いておきます。








試飲の量ならここ。原田酒造場「山車」

20220430_154333
高山での試飲といえば、原田酒造場です。

メインの銘柄は、山車。
380円でお猪口を購入すると、
試飲用の約12種類が1回ずつ試飲できます。


20220501_115428
目星をつけて試飲するようにしてください。
チェイサーのお水も忘れずに。
満足度は高いものの、こみ合っているので落ち着くことはできません。

ここのお店のおすすめは、酒饅頭です!!
何年も前に食べたプリンも結構おいしかった記憶があります。


お酒?人それぞれ好みがあると思いますよ。


20220501_115913
こちらで販売や試飲の受付を行っています。
朝一番に行ったので、あまり、良い記憶はないです。



テーマパークかな?舩坂酒造店(深山菊)

20220501_115057
こちらの舩坂酒造は、原田酒造場の近くにあります。
深山菊が主な銘柄です。


Snapshot_141

試飲マシンがたくさんならんでいます。
僕は、500円で6杯の試飲をしました。
味を知るためには十二分です。


20220430_155103
少し離れたところに、プレミアムと書いた試飲の機械があります。
コインを使い果たした後に気づきました。
こちらの方がおいしそうでした。

お酒の好みは人それぞれですが、
原田酒造場よりもおいしく感じました。
ただ、とても混みあっています。
酒蔵巡りをするなら、舩坂酒造店はマストです!

建物が素敵。川尻酒造場

20220501_112515
ここから紹介する酒蔵は、閑散としていました。
上の二つが特に優れているわけでもないので、立地が原因でしょうか。



20220501_112858
こちらの酒蔵、雰囲気がとても良い。
販売店ではなく、まさに酒蔵で売っている感じです。


20220501_112754
有料試飲を1杯だけ試しました。 
確か「山ひだ 原酒2017」を飲んだはずです。
古酒っぽい味がしました。
玉川のそんなねっとり甘くないやつ・・・といえばわかります?
ここは、建物の雰囲気では1番だと感じました。
古酒なので、お酒の好みははっきりと分かれます。

雰囲気を求めるかたはこちらへ。


愛想が良い平田酒造場(飛騨の華)

20220501_111732
内部の写真は撮影していません。
平田酒造場は、気になったお酒をお店の人がついでくれるスタイルでした。

お客さんが少なかったので、
お酒に関する話を聞きながら試飲することができます。

どこの酒蔵もそうなのでしょうが、
自信をもって作っていることを強く感じました。



今回試飲を行った中では、一番好きなタイプの日本酒。

しかし、午前8時からやっているというHPもありましたが、
9時57分の時点でまだ開いていませんでした。

一本買って帰りました。


落ち着いた土間で飲める二木酒造(氷室)

20220501_095643
ここの酒蔵も、人は少なめでした。


20220501_095532
コインを購入して、試飲の機械で飲むスタイルでした。
座って飲めますよ。


20220501_095252
ごめんなさい、そんなに味の記憶はありません。
水系だったかと思います。

20220501_095543
ワカコ酒の武田梨奈さんのサインがありました。
ここにいらっしゃったようです。
ぷしゅー


老田酒造店・平瀬酒造店

20220501_093550

少し離れたところにあるのが平瀬酒造店。 

残念ながら、僕が行った時(9時35分)には開いていませんでした。
営業時間が8時15分からなんていうことはないと思います。

そのため、試飲することはできませんでした。


20220501_092607
こちらが老田酒造店。
試飲のハードルがやや高く感じ、入って中を見て出てきてしまいました。
そのため、レビューはできません。
鬼ころしって苦手なんですよね。
しょうゆソフトを売っています。
 

結局は好みである。

僕が高山に旅行した際の、
酒蔵巡りについての簡単なレポートを紹介しました。
高山の酒蔵は比較的試飲が充実しています。
僕が試飲をしたのは5つの蔵ですが、3日間に分けて行いました。


●好きなお酒を見つけること
●飲み過ぎないこと

●目星をつけて試飲すること(味わかんなくなる)


楽しく旅をするには、上の3点が非常に重要です。
酒蔵めぐりをするためだけに、
高山に電車やバスを使っていくことはありなので、
マイカーで行こうと考えている方、一度、考え直してください。



ちなみに...
甘くてパイナップル的な酸味のある日本酒が好きな僕には、
高山のお酒はそれほど刺さりませんでした。


そんな僕のおすすめは、飛騨古川の酒蔵です。
是非、飛騨古川への訪問も検討ください。




トップページへ戻る。