例によって、鞆の浦について書いていく。
鞆の浦で一通り歩き回った我々は、安息の地を求めてカフェにたどりつく。



鞆の浦でとてもよいカフェを見つけた。「船番所」

いいな、と思ったカフェが、この「船番所」。
行き方としては、鞆港のバス停から海を右手に見ながら左に向いて歩いていくと、海沿いの行き止まりのところにある。



この石段を登っていくと、カフェがあるのだ。
20210724_161456





秘密基地のような入り口

石段を登っていくと、高台にカフェの入り口がある。
落ち着いた、それでかつおしゃれな感じ。
僕にはなかなか似合わない。
20210724_161437

これだけしっかりしたカフェがあらわれるとは思っていなかった。
20210724_152612




茶房船番所の中

すごく落ち着いた和室で、のんびりとくつろぐことができる。
20210724_161209

とてもとてもきれいだ。おばあちゃんちのようではなく、リゾートだと思う。
20210724_161301

コーヒーフロートを注文。
海を見ながら、疲れた身体をいやすことができる。
20210724_153356

上の写真ではよく景色が見えないので、あげなおすとこんな感じ。
鞆の浦の港側ではないのだけれど、堤防が見え、落ち着いた瀬戸内海が広がっている。
それを上からぼーっと眺める。もちろん、室内はとても涼しい。
20210724_160137

バスを待つ間、1時間弱の間ぼーっとしてしまった。
何なら、バスを一本遅らせて滞在してしまった。
そのくらい居心地の良い場所。


まとめ

鞆の浦から福山に行くバスは決して多くはないので、バス待ちに、そしてのんびりと鞆の浦を楽しむために、この喫茶店「船番所」はいかがでしょうか。

あまり席数は多くないのですが、とても落ち着く良い喫茶店だと思います。

何なら、ここに来て初めて「鞆の浦に来てよかった」と思いました。

是非。