津軽鉄道ストーブ列車に乗ってきた話

20220320_100140
青森県の私鉄「津軽鉄道」をご存じでしょうか?
津軽半島の付け根あたりを走るローカル私鉄です。
非常に趣があり、観光向けな路線です。
一人でも多くの人がこの記事を見て、訪ねてくれればいいなと思います。






津軽鉄道の乗り方。車で行くには?

津軽鉄道は、五所川原駅から津軽中里駅までを結んでいます。



始発の五所川原駅に行くには、

  • 弘前あたりから「五能線」に乗る。
  • 車で行く。
の2択です。五能線は本数が少なく、2時間に1本程度しか列車がありません。それに対して、車であれば「津軽道」などを利用することで楽にアプローチできます。

安定した旅行プランを組むためには、車で行く方がよいでしょう。



五所川原駅の駐車場情報

20220320_090827
五所川原駅の駅前南西側にタイムズのパーキングがあります。
一日500円でとめることができるので、ここにとめるといいでしょう。







津軽鉄道の始発駅と終着駅

津軽鉄道の始発駅は五所川原駅で、終着駅は津軽中里駅です。

津軽中里駅には、他の路線は乗り入れしていません。新幹線の奥津軽いまべつ駅に向かうバスも廃止され、現在は乗り合いタクシーとして運行されているようです。

五所川原駅は、五能線と津軽鉄道が乗り入れています。

JR五所川原駅

20220320_090942
こちらがJRの五所川原駅。立派です。


20220320_091214
自動改札はありません。電光掲示板には、津軽鉄道の列車は表示されていません。
五所川原駅は、JRと津軽鉄道とで、改札や駅舎は別なのです。

津軽五所川原駅

20220320_091301
津軽鉄道の駅舎は隣。昭和を生きたことはありませんが、

ん?昭和か?
と思いました。

かなり年季のある建物です。


20220320_114119
津軽鉄道は、駅舎の仲間でとてもレトロな感じです。この時刻表とかとてもレトロです。
これ、現役の時刻表です。



20220320_114112
津軽五所川原の駅舎の中には、こうしたストーブや待合がありあんす。
この駅が現役で使われているのが素晴らしいですね。
小坂鉄道の小坂駅などの古い駅は、だいたいこんな感じだった気がします。



20220320_091259
津軽鉄道の五所川原駅の横には、津軽鉄道の社屋があります。
一階の「サン・じゃらっと」にはちょっとしたお店と食事のできるスペースがありましたが、急ぎの旅なので今回は覗いただけです。
津鉄汁や青森シャモロックといった興味をそそられるメニューがありました。
営業時間は10時から16時のようです。
赤いリンゴジュースやテイクアウト弁当もあるので、昼便に乗る方は、旅のお供にいかがでしょうか。



津軽鉄道に一日券はある?運賃は?

津軽鉄道の運賃は、津軽五所川原から津軽中里まで870円、ストーブ列車が別途500円です。

20220320_113802
窓口で切符を売っている切符は、硬券です。

目につく限り、一日券は売っていませんでした。
本数が少ないので、そんなに乗り降りするような線ではありません。

一応、津軽フリーパスを使えば、金木までは乗り降り自由です。
フリーパスでは、ストーブ列車には乗れないようです。




津軽鉄道のグッズ販売

20220320_114116
駅の中には売店があり、クリアファイルなどのグッズを売っています。
クリアファイルには、昔使っていた硬券がセットでついてきますよ。
昭和58年の硬券がついてきました....
あとでストーブ列車に乗る予定の方は、多くのグッズは車掌さんが車内で売ってくれるのでそちらを利用した方がよいでしょう。

9時半の時点では混んでいませんでしたが、11時半の便では激しく混んでいました。

フィルムカメラやビデオテープで撮ったらとても趣がありそうです。






ストーブ列車は予約必要?どんな車両?

津軽鉄道といえば、ストーブ列車がとても有名です。
冬の期間だけ走っており、車内にストーブがついていて、運賃+500円で乗れます。
12月1日から3月31日までの冬季だけの運行で、予約はできないようです。

ストーブ列車についての最新情報は、津軽鉄道の公式サイトをご確認ください。

20220320_091638
五所川原駅の陸橋から。すごく古い車両が止まっているのが見えます。


20220320_091708
今から乗る車両は、このストーブ列車です。
昭和21年に製造された車両で、これが現役で使用されているのが奇跡です。当時としてはかなり立派な車両だったのではないでしょうか。



20220320_113043
構内には、雪かき用のラッセル車も止まっています。




20220320_100203
金木駅停車中に撮影した先頭車両。
こちらは、走れメロス号といって、要は普通の車両です。
ストーブ列車の券がない場合は、こちらの車両に乗ることになります。






ストーブ列車の車内でスルメを焼いて食べる・・・

20220320_091904
ストーブ列車の車内は、本当に趣しかありません。
全席自由席なので、あいていたストーブ横の席にしました。


20220320_091945
五所川原の駅を出る前から、車内販売が始まります。
  • スルメ 500円
  • ストーブ酒 350円
  • 石炭クッキー 400円
などなど、色々なものが売っています。

隣の方はお酒を買っていましたが、ほとんど飲むことはできていませんでした。
45分であけるのは少ししんどいかな?


スルメを買ってみた。

20220320_092150
皆さんするめを買うので、僕も購入しました。
これをアテンダントさんが車内に設置されただるまストーブで焼いてくれます。


20220320_092958
車内にだるまストーブがあるからストーブ列車です。
ひたすらスルメが売れ、ひたすらスルメが焼かれていました。
このスルメ、ゲソがおいしかったです。
食べきることはできなかったので持ち帰りです。


20220320_092454
だるまストーブの排気?の管があります。

グッズの車内販売も!

20220320_111658
グッズの車内販売もあります。
強制はもちろんありませんが、何とか買って行ってください・・・感がとんでもなく強く、手ぬぐいを一つ買ってしまいました。

20220320_111702
家に鉄道系の手ぬぐいがめっちゃ使わずにたまっています。
冒頭に書いたとおり、使用済みの硬券がおまけについてきます。




ストーブ列車ではアテンダントさんが解説。

20220320_105442
アテンダントさんが津軽弁で車窓の説明をしてくれます。
青森のイントネーションは心地よく、鉄道に興味がなくても楽しめる内容です。逆に、アテンダントさんの説明がなければ何でもない風景かもしれません。


20220320_110153
腕木式信号機です。
現役で使われているこういう形の信号機は、日本でここにしかないそう。


20220320_112132
線路のポイントを雪から守るための屋根だそうです。


20220320_094624
雪避けらしいです。津軽鉄道の保線の方が作業をしていました。


20220320_095839
何度か、車内のだるまストーブに炭を足しにきます。


20220320_105906
間もなく芦野公園駅です。


20220320_111116
芦野公園駅は、ええ感じの喫茶店があることで、ファンの中で有名です。
今回、途中下車をする時間はありませんでしたので、寄っていません。


津軽鉄道を観光するなら・・・
  • 津軽中里の駅まで往復する(約2時間)。
  • 芦野公園駅まで行き、カフェで一服し、戻ってくる列車に乗って帰る(約2時間)。
  • 金木駅まで行き、斜陽館まで行って帰る。
  • 金木駅まで行き、行き違いの列車に乗って帰る(約1時間)。
この4択かと思います。




津軽中里駅周辺の時間つぶし

20220320_102012
列車は10時20分頃に終点の津軽中里駅に到着しました。
折り返しの列車は10時48分。あまり時間はありません。
※今回は急ぐ旅です。青森の滞在時間が40時間しかないのです、


20220320_104432
行先標。


20220320_104400
日本最北の私鉄駅だそう。言われてみればそうかもしれません。


20220320_104639
津軽鉄道の最北端の部分です。
ここを使って、折り返しの機関車を五所川原側に付け替えていました。


20220320_104409
津軽中里駅。ご飯を食べるところもありますが、今回は急ぎの旅なので、寄ることができませんでした。駅なかの食堂の営業時間は、午前10時30分から午後3時までのようでした。


20220320_103829
津軽中里駅前です。
津軽中里駅周辺に駐車場は見当たりませんでした。どこにとめてもいいのかもしれませんが、何時間も止めれるようなところは見当たりません。


20220320_103841
津軽鉄道最北の踏切です。


20220320_102341
津軽中里駅から出てまっすぐ突き当たりまで進み、右に進みます。


20220320_102638
パチンコ屋や、神社がありました。


20220320_103015

今回の目当てはここ、松しま本店です。


20220320_103324
松しま本店では、ぱりぱりシュークリームが売っています。
注文すると、その場でクリームを入れてくれます。


20220320_103441
このアイドルというお菓子のお店にも行きたかったのですが、
午前10時30分オープンのお店なので、今回は寄ることができませんでした。


20220320_103839
時間があれば、津軽中里から十三湖まで行って和歌山のしじみラーメンを食べたかったのですが、時間がなかったことと、交通機関がタクシーしかないことから、あきらめてしまいました。

一応バス(弘南バス・地域連絡バス)も走っているのですが、使いにくいです。
津軽中里の駅前にタクシー会社(中里タクシー)があるのですが、事前に電話をした方がいいのだろうなと思います。




20220320_105708
帰りの列車の中でシュークリームを食べましたが、なかなかおいしかったですよ。
130円で楽しめるので、おすすめですよ。


20220320_104733
帰りの切符は、津軽中里駅の窓口で購入しました。



津軽鉄道ストーブ列車に乗った感想まとめ

今回乗った津軽鉄道ですが、大変レトロな雰囲気を感じました。
今まで色々なローカル線に乗ってきましたが、

●片道40分で終わるので飽きない、
●外の景色がとても良い、
●観光で頑張っている(ストーブ列車、鈴虫列車など)


あたりが非常に良かったです。




青森に行った際には、是非津軽鉄道へ。
鉄道好きじゃなくても十分に楽しめますよ。